【季節】秋の風、秋の花

10月に入ると、どこからともなく
いい香りが風とともにやってきます。

その正体は…金木犀(キンモクセイ)ですね。
まだ、満開ではないですが、この小さなお花ひとつひとつが、
あたり一面に広がる香りをつくりだしているのかと思うと、
とてもすごいパワーだなと感じます。

今年は剪定したこともあり、ボリュームが少ないですが、
ご来館の皆さまを優しくお迎えしてくれることと思います。

 

庭園のお花の数はぐっと減りましたが、
さりげなく、敷地の端で咲いているのが、
秋明菊(シュウメイギク)です。
薄い桃色の花びらがとても可愛らしいです。

 

受付前のもみじは、
これから少しずつ時間をかけて色が変化していきます。
今年の紅葉の見ごろはいつになるのでしょうか。

これからの楽しみです。

 

【季節】夏から秋へ

暑い日が続きますが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

気温が30度を超える日もまだまだ続いていますが、
暦の上では、すでに秋です!
御殿場の空や風にも秋の気配を感じるようになりました。

夏の名残というのか、
夏の虫たちは残り少ない時間を精一杯生きています。

カブトムシ(メス)が
岸邸に来館(飛来)しました。

夏に盛んに鳴いていたセミは
ミーン ミーーン と
最後の力を振り絞っています。

地面には抜け殻だけが残っています。
生きた証です。

 

そして、周りの草花はというと…

花火のようなつぼみはウドです。
これから花が咲き始めます。

 

和室前の庭には、マルバハギとヤブランが咲いています。

 

秋はすぐそこまで来ていますね。

アジサイが咲き始めました。

岸邸の敷地内にはアジサイの花がいくつかあります。
毎年6月下旬より咲き始め、お客さまをお迎えしています。

例年、葉っぱは虫たちのおいしい“ごはん”となり、
アンティークレースの様な穴のあいた状態になることが多かったのですが、
今年はまだ元気な葉っぱをいくつか確認することができました!

雨の日も好きになってしまう《アジサイ》です。