【季節】緑の庭園

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

御殿場から眺める富士山の雪もだいぶ溶け、
夏山に一歩ずつ近づいている様子がうかがえます。

庭園はというと、
もみじの種がたくさんついていました。
種類によって色が少し異なります。
緑の葉と重ねてみると綺麗ですね。

イロハモミジ

サンゴモミジ

サンゴモミジは赤(春)→緑(夏)→赤(秋)と
変化が楽しい種類です。

山野草が多い庭園では、
他にも次のような植物を発見することができます。

フタリシズカ

ユキノシタ

ヤマアジサイ

車寄せにはこのような植物があります。

カルミア

ウメ(実)

ウメ(実)を見ると梅雨は近くまできているのだと
実感しますね。

春に比べると、花の数は少ないですが、
緑が多く、さわやかな風が通り、心地よい日が続いています。

御殿場へドライブなどいかがでしょうか。

【季節】新緑の季節

新緑の美しい季節になりました。
受付近くにあるシデの樹にも
青々とした葉が輝いています。

現在の庭園の様子をご紹介いたします。

サトザクラ

敷地内にある7本の桜の中でこのサトザクラ1本だけが
1ヶ月ほど遅れて咲きます。
ふと足元に目をやると花びらが
素敵なところに舞い降りていました。

シャクナゲ

 

シャガ

 

ウツギ

 

池には、おたまじゃくしの姿も…
毎年春にたくさんの卵がかえり
数ヶ月間池の中でもりもりご飯を食べて育ちます。
夕暮れ近くになると先輩の蛙が
ケロケロと軽やかな歌声を披露してくれます。

和室でゆっくりくつろぎながら、
蛙の声に耳を傾けるのもおすすめです。

【季節】にぎやかな庭

庭園の植物は目まぐるしく変化しています。
サクラが咲いたかと思うとツツジが咲き、
スイセンが咲いたかと思うとシャクナゲが咲く。

そんなに急がなくてもいいのに…
と思ってしまいますが、
急な気候の変化に植物も驚いているのかもしれません。

現在、東山旧岸邸の敷地内でご覧いただける
植物をご紹介いたします。

トウゴクミツバツツジとその葉

出てきたばかりの葉は王冠のようです。

ツルニチニチソウ

食堂から木の根付近を見ていただくと
発見できます。

タチツボスミレ

いろいろな所に咲いています。
よく知られた花ですが、咲くとやはり嬉しくなりますね。

クサボケ

上の池付近に咲いています。

セイヨウシャクナゲ

この花が咲くと庭園は一段と華やかになります。

どれも元気に育っています。
お天気の良い日は庭園散策いかがでしょうか。

【季節】春のおたより

東京の桜は開花からあっという間に満開になったようですが、
岸邸の庭園のお花も今年は一気に咲き始めました。

にぎやかになった庭園の花々をご紹介いたします。

 ウメ

ツバキ

ヒュウガミズキ

アセビ

スイセン

ヒイラギナンテン

庭園をぐるっとひと回り散策していただくのにも
気持ちのいい季節になりました。

 

 

【季節】冬から春へ

みなさまいかがお過ごしでしょうか。
御殿場は、厳しい寒さの日々から
ゆるやかに、そして確実に春が近づいてきました。

冬から春へと移りゆく
植物や景色についてご紹介いたします。

大雪の後、お客様がつくってくださったかわいい雪だるまです。

雪に朝日が降りそそぎ、きらきらと輝く瞬間はなんともいえません。

重たい雪にも負けず咲いていたサザンカです。

2月中旬まで咲いていたロウバイです。

和室の前の庭では
ナツツバキの根元からふきのとうが顔をのぞかせていました。

2月下旬になり、梅の木は、つぼみが膨らみはじめました。
3月上旬には、見ごろをむかえるかと思います。
甘い香りに誘われて、小鳥もとんでくるかもしれませんね。