『岸邸の記憶』展 特別講演会  ※申込受付は終了いたしました。
このたび、東京大学教授の木下直之氏を講師に迎え、特別講演会を開催いたします。 木下氏は、文化資源学の第一人者のひとりであり、多角的な観点から文化を捉え、新たな価値を見出す研究に携わっています。 今回は「住宅保存の歴史と意義」をテーマにお話を伺います。
日時:6月5日(土)14:00~15:30
テーマ:住宅保存の歴史と意義
講師:木下直之(東京大学教授 文化資源学)
会場:東山旧岸邸 2階
定員:20名(要事前申込み)
参加費:2000円(お茶とお菓子つき)
お申込みは、東山旧岸邸HPのお問合せフォームからお願いいたします。定員になり次第、締切らせていただきます。
なお当日、空席がある場合には、事前のお申込みなしでご参加いただけます。
http://www.kyu-kishitei.jp/ask/

 

木下直之氏 略歴
1954年浜松市生まれ。東京大学教授、文化資源学、東京藝術大学大学院中退後、兵庫県立近代美術館学芸員、東京大学総合研究博物館助教授を経て、 2000年より現職、19世紀日本の文化を美術・見世物・祭礼・建築・博物館・動物園・戦争などの観点から研究、主な著書に『美術という見世物』(平凡社 /ちくま学芸文庫、サントリー学芸賞)、『ハリボテの町』(朝日新聞社)、『写真画論』(岩波書店、重森弘淹写真評論賞)、『世の途中から隠されているこ と』(晶文社)、『わたしの城下町』(筑摩書房、芸術選奨文部科学大臣賞)など。

『岸邸の記憶』展  ※終了いたしました。
3月17日(水)より『岸邸の記憶』展を開催いたします。
今回は、岸邸ゆかりの人々の記憶やエピソードをもとに、岸信介と吉田五十八、そして岸邸全体をご紹介する企画です。来館時にお渡しする案内マップを手に、岸の御殿場での生活や吉田の設計の工夫などに触れながら、庭園を含めた岸邸敷地内をご覧いただきます。
また展示室4では、海外滞在中に岸信介がこの自邸へ送った絵はがきを展示いたします。旅先から妻良子へ送られた絵はが きには、移動のスケジュールや自身の体調、そして遠く離れた家族への思いやりなどが記録のようにつづられています。そこから知られざる岸の一面が見えるか もしれません。

東山旧岸邸に残る記憶をお楽しみください。

『岸邸の記憶』
会期:2010年3月17日(水)~6月14日(月)
開館時間:9:00~16:30(入館は16:00まで)
入館料:一般500/小・中学生350
(20名以上の団体の場合は、1人50円引き)

岸邸の記憶