【4月の庭園】 2019.4.19

惜春の候、御殿場にはやわらかい風が吹きはじめました。
全国椿サミット御殿場大会も大盛況のうちに終了し、東山旧岸邸では太郎冠者に代わって
色とりどりの花が咲きはじめています。

現在みごろの植物をご紹介します。

庭園奥には黄色いレンギョウ、青空に映えるピンク色のミツバツツジをご覧いただけます。
苔を修復したお庭を歩き、足元に目を落とすと至るところに紫色の小さな花が咲いています。


5枚の花びらとつやつやした葉のツルニチニチソウです。


風に小刻みにゆれるタチスボスミレ。
2つの紫の花は混ざって咲いています。是非探してみてください。

太郎冠者のあるロータリー側にはイロハモミジがあります。
赤子の手のような、小さな葉が色づきはじめました。

連休前の土日を迎える東山旧岸邸は、現在のところゆったりとおくつろぎ頂いております。
皆様のお越しをお待ちしております。

4月7日(日)の開館時間について

4/7(日)は全国椿サミットの会場となるため、開館時間を午前11時とさせていただきます。

正午までは邸内の撤収作業を行う予定です。

ゆっくりご覧になりたい方は午後のご来館をおすすめ致します。

皆さまのお越しをお待ちしております。

【お知らせ】 4月~9月の開館時間 2019.3.15

4月1日~9月30日までの東山旧岸邸の開館時間は下記の通りです。

10:00~18:00 (入館は17:30まで)
※10月~3月の開館時間より1時間長くなります。

みなさまのご来館を心よりお待ちしております。

【イベント】 百椿図と椿 2019.3.14

第29回全国椿サミット御殿場大会に合わせて「百椿図と椿」展を開催します。
本展では、江戸時代に描かれた絵巻「百椿図」*を再現し、邸内の各部屋に
身近にある様々な花器を見立て椿を飾ります。
当時の人々が寄せた椿への思いを、趣きある邸宅でお楽しみください。

*パネル展示
「百椿図」伝狩野山楽筆 日本17世紀・江戸時代 茂木克己氏寄贈 東京・根津美術館

「百椿図と椿」フライヤーダウンロードはこちら→ 【表面】 【裏面】

───「百椿図と椿」展 開催概要 ───────────────────
開催日程: 2019年3月30日(土)~4月8日(月) ※4月2日(火)は休館
時  間: 3月 10:00~17:00(入館は16:30まで)
: 4月 10:00~18:00(入館は17:30まで)
会  場: 東山旧岸邸
入 館 料: 一般300円 小・中学生150円(20名以上の団体の場合、50円引き)
主  催: 東山旧岸邸
共  催: 第29回全国椿サミット御殿場大会実行委員会
後  援: 御殿場市
協  力: 御殿場椿の会、日本ツバキ協会
────────────────────────────────────

本展期間中は和菓子デザインコンテスト「椿を和菓子にしてみませんか」
グランプリの特製菓子を、東山旧岸邸にて各日100個限定販売します。
 
※蜂蜜を使用しています。アレルギーのある方はご注意ください。
価  格:350円(税抜)
販売時期:3月30日(土)~4月8日(月)※休館日を除く
4/7(日)のみ11:00~販売となります。
販 売 数:各日100個限定

皆様のお越しをお待ちしております。

【終了イベント】「椿を和菓子にしてみませんか」授賞式2019.3.15

第29回全国椿サミット御殿場大会記念イベント「椿を和菓子にしてみませんか」にて見事
「グランプリ」および「御殿場市長特別賞」に選ばれた片岡満さん、込山絵理さんへの授賞式が
2月12日(火)に東山旧岸邸で行われました。
(受賞者及び受賞作品についてはこちらをご覧ください。)

邸内居間を会場に、受賞者には市長及び副市長より記念のトロフィーと副賞が贈られました。

  
(写真提供:御殿場市公式インスタグラム@gotembagram)

授賞式後は会場を邸内食堂に移し、参加者皆で試食を行いました。

 

とらや工房の職人による製作秘話や、市長のお菓子への想いなど、お菓子を味わいつつ聞きながら
和やかな歓談の時間となりました。
受賞されたお二方も自身の作品がお菓子になり嬉しそうなご様子でした。

「市長特別賞」の込山絵理さんの作品は2月23日富士山の日にとらや工房にて100個限定で
販売され、販売開始1時間ほどで完売となりました。

「椿を和菓子にしてみませんか」にデザインをご応募いただいたみなさま、
ありがとうございました。

東山旧岸邸では、3月30日(土)~4月8日(月)までの9日間、グランプリ作品の販売を
各日100個限定で行います。(※火曜休館、4月7日のみ11:00より販売開始)

みなさまのお越しをお待ちしております。