【イベント】伝統芸能講座「文楽 人形遣いの世界」

東山旧岸邸で文楽に触れてみませんか。
今回は文楽の人形遣いにスポットを当て、実演を交えたわかりやすい解説で
文楽の面白さにせまります。 近代数寄屋建築の邸宅で日本の伝統芸能を
間近でご堪能いただける貴重な機会です。
講座の後は、とらや工房にて特製菓子をお楽しみいただきます。

日  程:2016年11月29日(火)
時  間:14:00開始(16:00頃終了予定)
講  師:吉田一輔(人形浄瑠璃文楽座・人形遣い)ほか
会  場:東山旧岸邸/とらや工房
定  員:50名 ※事前予約制 先着順
参 加 費:3,500円(特製菓子付)

お申込み:下記の必要事項を明記の上、東山旧岸邸ホームページ内のお問合せフォーム
またはファックス(0550-83-0778)にてお申込みください。先着順にて受付いたします。
受付後、順次「当日のご案内」をお送りいたします。

東山旧岸邸「文楽 人形遣いの世界」申込
・お名前(ふりがな) ・参加人数 ・ご住所 ・お電話番号(日中ご連絡が可能な番号)
・ファックス番号(※ファックスでお申込の方のみ)

※お申込の際にお伺いした個人情報は、当イベント運営上の目的以外には使用いたしません。

9/12の閉館時間は17:30です

東山旧岸邸は、夜間のイベント「月明かりの時間~映画と和菓子~」開催のため
9月12日(月)は閉館時間を17:30に変更させていただきます。

ご来館のみなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の
ほどお願い申し上げます。

【終了イベント】夏休みワークショップ

東山旧岸邸×とらや工房 夏休みワークショップ

岸邸ってどんなところ?富士山ってどんなかたち?
~岸邸たんけんと和菓子づくり~

 

東山旧岸邸と隣接するとらや工房では、2016年7月27日(水)、28日(木)、
8月3日(水)、4日(木)に小学生とその保護者を対象とした
夏休みワークショップを開催いたしました。

夏休み期間中のイベントとして、今年で7回目の開催となりました。
東山旧岸邸では、住んでいた人物や建てた人物のことを知る「岸邸たんけん」を行い、
とらや工房では、富士山と夏をテーマにした“和菓子づくり”を行いました。
ワークショップの最後には、作りたての和菓子をお抹茶と一緒に試食しました。

当日の様子をご紹介いたします。

■岸邸たんけん

夏 夏2
1階のたんけんでは、建物のこと、住んでいた人物と各部屋の名前や特徴について
書かれたワークシート(穴埋め式問題)を持って、親子で作業に取り組みました。
たんけん中、分からない時や間違えた時には、岸邸のことをよく知っている
「岸邸ものしり博士」に質問をして答えを埋めていきました。
答え合わせもものしり博士が担当し、岸邸の解説を交えて行いました。

夏3 夏4

また、通常非公開の2階では、部屋にある3つの秘密を探しました。
直ぐに見つからない時は、大人も一緒に探して賑やかなたんけんとなりました。

■和菓子づくり(とらや工房)

夏5 夏6
和菓子づくりでは、和菓子の原材料や天然色素についての説明の後、
白衣・長靴・マスクを着用して厨房に入り、和菓子づくりが始まりました。

夏7 夏8

先ずは、講師の先生のお手本を見ます。その後、それぞれの作業台に戻り、
富士山の和菓子と夏のテーマの和菓子(ほおずき)を作りました。
初めは少し緊張した表情が見られましたが、手のひらで餡を丸めたり、
伸ばしたりするうちに素材の感触に慣れ、楽しんでいる様子が見られました。

■試食の時間

夏9

最後は、岸邸の和室に戻り、お抹茶と一緒に和菓子を試食しました。
一生懸命作った和菓子を眺めながら、和やかな雰囲気の中
ゆっくり味わっていただきました。

午後の時間をたっぷり使いワークショップを行いましたが、
真夏の暑さに負けず最後まで参加してくださいました。
ご参加の皆さま、どうもありがとうございました。

【イベント】月明かりの時間~映画と和菓子~

とらや工房で、秋の味覚を。
東山旧岸邸で、モノクロ映画を。
夜の幻想的な雰囲気とともにお楽しみください。

映画 ● 移動映画館「キノ・イグルー」
食事 ● 焼津・茶懐石 温石

■日   程 :
2016年 9月12日  (月)    19:00~ (終了しました)
2016年10月10日(月・祝)  18:00~ (満席となりました)
※キャンセル待ち受付中です。ご希望の方は東山旧岸邸までお問合せください。

■会    場 : 東山旧岸邸/とらや工房
■参 加 費 : 6,000円
※敷地内を歩くための灯り(懐中電灯など)をご持参ください。

■上映作品 :『キートンのセブンチャンス』(1925年 60分)

■お申込み :
下記の必要事項を明記の上、東山旧岸邸ホームページ内の
お問合せフォーム、またはファックス(0550-83-0778)へお申込みください。
先着順にて受付いたします。
・お名前(ふりがな) ・参加希望日 ・参加人数 ・ご住所
・お電話番号(日中ご連絡が可能な番号)

■お問合せ : 東山旧岸邸 0550-83-0747

 

【季節】梅雨から夏へ

緑が豊かな季節となりました。
岸邸の庭園では、一雨ごとに植物が成長し、
次々と花を咲かせています。
少しずつ夏の庭へと変わり始めました。

庭園の植物をご紹介いたします。

 

■岸邸のアジサイ

あじさい Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
今年も色とりどりのアジサイが咲きました。
雨の日のアジサイは、花も葉っぱも恵みの雨を
とても喜んでいるように見えます。
■ネジバナ(捩花)

ネジバナ
ピンク色の小さな花がくるくると螺旋状についています。
ねじれて見えることからネジバナというそうです。
緑の芝生とのコントラストが鮮やかです。

 

■ギボウシ(擬宝珠)

Exif_JPEG_PICTURE
車寄せの周りの石の間から、今年もギボウシが咲きました。
写真はオオバギボウシです。移植された椿・太郎冠者を
大事に見守ってくれているようです。

 

■ナツツバキ(夏椿)

Exif_JPEG_PICTURE
和室の前の庭にあるナツツバキです。
爽やかな夏を感じさせてくれます。

 

■ビヨウヤナギ(美容柳)

ビヨウヤナギ
居間から庭園を見渡すと、一番奥にある池の周りに
黄色いお花が点々と見えます。たくさんの雄しべが束になり、
その美しい形に惹きつけられます。

 

■オオバジャノヒゲ(大葉蛇の鬚)

Exif_JPEG_PICTURE
薄紫色の小さな花が咲いていますが、
冬には美しい青みをおびた黒い実をつけます。

 

■カキラン(柿蘭)

Exif_JPEG_PICTURE
柿のような黄褐色の花びらから、カキランというそうです。

 

■ギンリョウソウ(銀竜草)

ギンリョウソウ
6月初頃から中旬頃までお庭に現れていたギンリョウソウ。
白い竜に見えるという、不思議な植物がありました。

 

今年も夏の富士登山の季節になりましたが、
富士山の所々に、登山者を照らすライトが
小さく光って見えるのは、御殿場ならではの景色です。

岸邸の緑に囲まれた景色の中で、夏の涼を感じるのもおすすめです。
皆さまのお越しをお待ちしております。