【季節】3月の庭園

冬の寒さもゆるみ始め、御殿場にも春の日差しが降り注ぎはじめました。
受付前にある、樹齢約400年の椿・太郎冠者もいっせいに花ひらいております。

庭園の様子をお届けいたします。

まずは太郎冠者の様子です。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

少し紫を帯びた桃色の花は、訪れる方々の足を止め笑顔にさせる力を持っているようです。
太郎冠者を見上げながら、語りあう方を多く見るようになりました。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

開花についてのお問い合わせも度々あり、この地に移植されてから3年が経ちましたが、
多くの方が東山旧岸邸の太郎冠者を楽しみにされていることを嬉しく思っております。

庭園では太郎冠者と同じく、椿の仲間が見ごろを迎えております。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

春の訪れを感じさせるフキノトウも地中から顔を出しました。

Exif_JPEG_PICTURE

さて、東山旧岸邸では4月9日(月)まで写真展「石川直樹 富士山にのぼる展」を開催しています。
合わせて4月2日(月)のパフォーマンスイベントも随時申し込み受付中です。
庭園の植物と共にこちらもお楽しみください。

みなさまのお越しをお待ちしております。

Exif_JPEG_PICTURE