【季節】立春の庭園

立春の空のもと、陽射しの変化を感じる頃となりました。
東山旧岸邸では、昨年末にはサザンカが咲き、
新年からは椿が咲き始めました。
その様子をお届けいたします。

 

Exif_JPEG_PICTURE  Exif_JPEG_PICTURE
岸邸ロータリーでは、昨年3月に移植された椿「太朗冠者」が 咲きました。
移植の作業では、木への負担はとても大きかったことと思いますが、
一年を経て、今年も可愛らしい桃色の花を咲かせてくれました。

 

Exif_JPEG_PICTURE
また、庭園では、ワビスケツバキが見頃を迎えています。
八重咲きの大輪の椿には、蕾みがついており、
これから開花となりそうです。

 

Exif_JPEG_PICTURE  0202
そして、2月に入り、紅梅もつぼみがほころび始めました。
まだ寒さは続きますが、庭園を歩くと、木や草花の様子から
少しずつ春の気配を感じることができます。

 

みなさまのお越しをお待ちしております。